どのような治療法か|手軽に部分痩せを成功させよう|脂肪吸引治療がお勧め

手軽に部分痩せを成功させよう|脂肪吸引治療がお勧め

どのような治療法か

カウンセリング

知っておきたい特徴

脂肪吸引は脂肪を吸引する事によって、体内の脂肪細胞の数を減らしてダイエット効果を期待する手術のことです。通常のダイエットよりも部分やせが行いやすく、さらに食事制限や運動等をせずにダイエットが出来る様になります。もちろん今までと同じ様な生活を送りながら施術を受ける為、リバウンドも起きにくいというメリットがあります。現在行われている脂肪吸引は、その施術を行うクリニックでも選ぶ方法が違っており、さらに吸引する部位、予算、吸引する量でも選ぶ方法が変わります。最も一般的なのがチューメセント法と呼ばれる物で、単体でも行われますが、他の方法と併用して使用される事も多々あります。またベイザーと呼ばれる方法は、脂肪細胞を乳化させてから脂肪を吸引する方法で、体への負担が少ない点が評価されています。それ以外にもボディタイトやウルトラゼット等、数多くの方法がありますが、仕上がりには担当医の技術等が起きく影響してくる可能性があります。施術を行った後はアフターケアが行われ、内出血を防ぐ為にコルセットや包帯で圧迫したり、感染症予防の為に抗生物質を服用したりします。また術後2週間が過ぎて吸引部位が固くなってきたら、必要に応じてマッサージをし、施術を受けた部位が安定すれば完了となります。直接脂肪を吸引する事になるので、皮膚を1?程度切開し、そこからカニューレと呼ばれるチューブを挿入して脂肪を吸引します。切開自体は目立たない場所で行われ、さらに、傷自体は大体1年程度経過すれば、白い小さな線となるので殆ど目立たない様な施術法です。脂肪吸引を行う上で重要になってくるのが、どこの病院を選ぶかという事と、術後のアフターケアです。特に術後のアフターケアに関しては、しっかりと圧迫する事によって腫れを起こしにくくし、さらに吸引後の体の表面を綺麗に整えることが出来ます。その為、病院での指示に従ってアフターケアを正しく行うというのも、脂肪吸引をする上では重要なポイントになって来ます。脂肪吸引は通常のダイエットに比べると即効性があり、さらに脂肪細胞の数自体を減らすことが出来るので、より高い効果が期待できるというのが特徴です。もちろん、脂肪細胞の数が減っているので、今までと同じ生活をしていたら、前と同じ体型に戻ってしまう事もなく、正しくケアすれば術後の状態を維持する事も可能です。また手術中は麻酔を利用するので痛みを感じる事はなく、麻酔が切れた術後の痛みは強い筋肉痛程度となっています。ただ痛みに対する反応は人それぞれなので、痛みどめを利用して対処する事に対しても十分配慮されている施術法です。

Back to Top